足の臭い 原因

ニオイの原因を調べてみれば…

足のニオイの原因が
何なのかということを
御存知でしょうか。

 

実は、足の汗自体は
99%が水分なので
汗が出た直後というのは
無臭なのです。

 

足の汗は無臭なのに
なぜ足が臭くなって
しまうのでしょうか。

 

それは、汗が出た後の
足の皮膚環境に
原因があるのです。

 

足にはもともと
皮膚常在菌というものが
備わっていて
善玉菌と悪玉菌のバランスが
適度に保たれていると
善玉菌が皮膚を弱酸性に保ち
悪玉菌が繁殖出来ない環境を
作ってくれるのです。

 

すると皮膚は清潔に保たれ
足が汗をかいても
ニオイは発生しません。

 

ところが、生活習慣や
過度な殺菌が原因で
この常在菌のバランスが
崩れてしまうと
悪玉菌が増えすぎて
足のニオイの原因となる物質を
発生させてしまうのです。

 

これを防ぐのが
ノーノースメルです。

 

ノーノースメルは
過度な殺菌は行わないので
善玉菌を殺すことはしません。

 

そして、過度な制汗も
行わないので
善玉菌の養分は
しっかりと保ってくれます。

 

その上ノーノースメルは
角質ケアも行なってくれるので
角質が垢となって
悪玉菌の餌になることを
防いでくれます。

 

このようにして
ニオイの原因を効率的に
取り除いてくれるのが
ノーノースメルなのです。

汗がクサいわけじゃない!足の臭いを根本解決するために。

足のニオイは
汗が原因だと思っている人が
多いのですが
実は、足の汗は
発汗直後は無臭なのです。

 

足の汗は99%が水分なので
本来は無臭なのです。

 

それなのになぜ足のニオイが
あんなに臭いのかと疑問に思う人が
多いと思うのですが
それは、発汗後の
足の皮膚環境に大きく関係します。

 

足のニオイというのは
足の皮膚常在菌の中の悪玉菌が
発酵したような
酸っぱい臭いを発するので
臭いと感じられるのです。

 

もし、善玉菌と悪玉菌の
バランスがきちんと
保たれていれば
善玉菌が皮膚を清潔に
保ってくれる上に、
悪玉菌が活動しにくい
環境を作ってくれるので
悪臭が発生することは
ないのです。

 

赤ちゃんの足は
たくさん汗をかきますが
臭わないのは
そういう理由からなのです。

 

足のニオイを根本から
解決するためには
消臭・制汗・殺菌・角質ケア
というものを
同時にバランス良く
行うことが大切です。

 

ノーノースメルは
この4つのアプローチを
同時に行なってくれるので
足のニオイを根本から
解決出来るのです。

 

ノーノースメルが
愛用されている理由に
これらの4つのケアが
たった1本で出来るという
手軽さがあります。

 

ノーノースメルを
朝晩ぬるだけで
これだけの多くのケアを
一度に行うことが出来るからこそ
効果も実感出来て
長く続けてもらえるのですね。

ニオイの原因を調べてみれば…関連ページ

春夏秋冬、靴の中は蒸れムレなのです。
靴の中は湿度100%蒸れムレの足にはノーノースメルが必要なのです。足の臭いの原因を元から断ってくれるからノーノースメルは女性にやさしいデオドラントフットクリームです。

 
女性へのメッセージ ショップinfo 足の臭い対策